脳内メーカーで芸能人をスキャン

内柴正人(柔道)の脳内

内柴正人の脳内を脳内メーカーで占ってみました。

内柴正人といえば、柔道のオリンピック代表選手。引退はしたものの今も名を残す名選手。アテネオリンピックの男子柔道66kg級で金メダル、そして続く北京オリンピックの男子柔道66kg級でも金メダルを獲り、オリンピックの舞台で2大会連続の金メダルで連覇を果たしています。

そんな世界に名を知らしめた内柴正人氏。そんな内柴正人氏、引退後は地元・熊本で現役時代から女子柔道部でコーチを務めていた九州看護福祉大学で客員教授を務めていました。

内柴正人氏、なんとその九州看護福祉大学で女子学生へのセクハラ疑惑が持ち上がり、学内の事情聴取の結果、その九州看護福祉大学を懲戒解雇されてしまいました。けっこう好青年っぽい感じの内柴正人氏、女子学生と同意の上のことだったと主張しているようですが、この辺はよくわかりません。

しかし、人はみかけによらぬもの。というか、真相が分かってないので何とも言えませんけどね。まあ、柔道ばかりに若いときから明け暮れてきた内柴正人氏、ちょっとはじけてしまったという感じじゃないんでしょうかね。

そんな内柴正人氏の脳内ですが、あれ、遊び遊び遊びの雨あられ。よほど遊びたい心境だったんでしょうかね。とりもなおさず、まあ、あまり羽目を外さないように、これからはまじめに生活してほしいですね。

posted by 脳内メーカーファン at 21:41 | 男性スポーツ選手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。